ペット・リノベーション

ペット・リノベーションとは?

ペットも家族の一員

家族の一員である大切なペットも快適な生活をしてほしい・・・飼い主なら誰もが思うことです。しかし実際の住宅は人間の快適さを追求した作りになっているのが現状です。その住宅をペットにも快適にリノベーションし、本当の意味で家族全員が快適で幸せに生活する空間をご提案します。 ケイ・トラストではペットでも特にワンちゃんを室内で飼われるケースに特化しています。

こんな問題が起きています。心当たりありませんか?

お掃除が大変!

抜け毛やヨダレ、おもらし・・・

不衛生にならないように汚れをサッと取り去ろう。

愛犬はかけがえのない家族の一員。でも抜け毛、ヨダレの飛び散りやおもらしなどで床や壁が汚れることも。こうした汚れは避けられませんが、放置してしまうとカビやダニなどの原因になりかねません。また、臭いも気になってきます。すぐに汚れを除去できるように、掃除グッズ一式をカゴなどにまとめて、部屋の隅にスタンバイさせておくといいでしょう。

汚れが付きにくい壁や床ならお掃除がラ~クラク♪

掃除機をかけやすい家具の配置なども大切ですが、掃除をがんばらなくても清潔な状態をキープするために、壁や床から見直して「そもそも汚れにくい家に変えてみませんか?ヨダレや体のすり汚れが定着しにくい壁材、水拭きに強いフローリングなどがおすすめです。汚れは目地に残りやすいので、目地が少ない・浅いものを選ぶのもコツです。

お掃除がラクになる工夫は・・・

専用のペット用材を使用しましょう。

汚れが付きにくく、お掃除ラクラクな腰壁

汚れ・引っかきに強い、ペット用床材

傷につよい畳

すべる床はキケン!

足腰に負担がかかる

足の “パッド”でしっかりと 踏んばれる、すべりにくい床に!

犬は普段、足のパッド(肉球)で床を踏みしめて歩いています。しかし、パッドの周りの毛が長くなっていたり、早く動こうと足に力を入れた時はすべりやすくなります。こうなると関節や筋肉に負担がかかってしまうので、毛を短くカットするとともに、踏みこみですべりにくい床材を取り入れましょう。関節の成長期にある仔犬や、パッド周りに毛の多い犬種、動きが多い小型犬種、パッドが乾きやすい老犬ではとくに配慮が必要です。

すべりにくい床に変えましょう。

関節に心配がある小型犬。すべるのは足腰に悪いと獣医師から忠告されて、廊下といつも居るリビングをすべりにくい床材に変えました。

吠え声が響いてる!

それほど吠えてないのに…

吠え声に神経質に ならないように音の響きを 抑える工夫をしましょう。

一日に数回吠える程度でも、早朝や深夜など、時間帯とタイミングによっては気になってしまいますね。まずは吠えグセをつけないトレーニングを進めることが大切ですが、それとともに、音の響きを抑えるドアや天井材を取り入れてみましょう。このような騒音対策は、近隣に対する配慮のためだけではありません。人の不在時に、外からの音で不安にさせたりといった犬のストレスを減らす効果もあります。

音が漏れにくい対策をしましょう。

吠え声の漏れを軽減する室内ドアや音の響きをやわらげ、臭いを抑える天井材を検討しましょう。

階下に音が!

足音、振動が響く

集合住宅での防音対策は 階下への心くばり。

吠え声とともに、愛犬が走ったり遊んだりしている時、階下に音が響いていないかも気になるところです。犬は猫のように高い所から飛び降りたりはしませんが、とくに育ち盛りであったり、活発な犬種では注意しておきましょう。愛犬の居場所や通り道は、階下への音を抑える防音床材に。すべりにくさにも配慮しましょう。

集合住宅では床の防音対策必須!

小型犬の階下への音を抑え、すべりにくい防音床材

敷くだけで階下への音を抑えるカーペット

なんとなく臭う?

来客時には特に気になる?

家の換気力・消臭力を高めて、 イヤな臭いを一掃!

猫ほどではなくとも、やはり排泄物は臭います。犬は猫と違って多少の体臭もあります。このような臭い対策には、通風・換気がもっとも重要。まず、トイレの位置は室内の空気の流れの最終地点とし、換気システムを取り入れましょう。また、抜け毛が乾燥による静電気や湿気の多さによって壁などに付着すると、これも臭いの原因になります。消臭性・調湿性のある壁材や天井材の採用も有効です。

おうちに消臭機能を!

新鮮な空気を取り込む、換気システム

ペットのニオイを吸着し、調湿機能をもつ壁材や臭いを抑え、調湿機能をもつ天井材など

落ち着きがない!

あちこちウロウロ

愛犬にも、自分だけの 居場所が必要です。

自分専用の居場所をもち、そこで落ち着いて過ごせる子は、むだ吠えや粗相などの問題行動も少ないです。人と同じように犬にも、何か心の動揺があった時、逃げ込んでひとりで冷静になるためのスペースが必要なのです。そのような居場所は、体のサイズにあった空間で、家族の様子がそっとうかがえるよう、リビングなどの一角に確保すると良いでしょう。寒暖の差が激しい窓辺や、出入り口付近は避けるようにします。

愛犬に専用スペースを!

愛犬の専用スペースも設置(躯体工事)​

愛犬の専用スペースも設置(後付)

飼い主様とワンちゃんに寄り添ったリノベーション​

ケイ・トラストならではの3つの強み

ケイ・トラストでは、飼い主とワンちゃんに寄り添ったリノベーションをご提案します。当社の技術、経験に加えて、様々な企業のコラボレーションから成り立ち、よりクオリティの高いリノベーションを実現します。 ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

情報

地元ペットショップやブリーダーと連携し飼い主様やワンちゃんの個別の問題を解決

建材

大手建材卸との連携で、様々なメーカーの建材が使用可能

経験

当社社員も10年ほどワンちゃんを飼っており、飼い主様と問題の共有 (フジテレビ・めざましテレビのきょうのワンコに出演しました)

お問い合わせ

TEL.0565-42-5550

ケイ・トラスト株式会社

〒473-0002 愛知県豊田市大林町1-62
TEL 0565-42-5550
FAX 0565-42-5544
受付時間 9:00〜18:00(土日祝除く)